読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

で、松太郎クルクルは何をしたかったんだ赤津さんよお(怒

お次は問題の暴れん坊力士松太郎とトライブクルクルですね。

 

ぶっちゃけどの方面に商売したかったんだよ。

いや、深夜なら松太郎も行けたと思うよ。ユーリにはなれないまでも。

朝の枠だよ。日曜の朝なんだよ。

商材性ゼロじゃん。

ここでもベテラン頼りのキャスティングで華もなし。

俺ならヒロインに水樹奈々起用して主題歌を松平健とデュエットさせてたわ(笑)

その方が絶対話題になるもん(笑)

 

で、ワールドトリガー発表時の人気声優推しの慌てぶりだよ。

遅えんだよ氣づくの。

 

最終的に枠なくなるわけよね。

 

それにトライブクルクル

長く商売できそうなバトスピ潰してこれもダンスを題材とした

商材性まったくなしバンダイブチ切れ待ったなしのアニメ。

路線続かないと思ったよ。

で次はブレイブビーツで中途半端になって打ち切り。

その尻拭いでガンダムUCを放送するハメになるという。

その後のヘボットでようやく軌道修正出来て何よりなんだけどね。

 

ほんとこのころのテレ朝はおかしいとしか思えなかった。

本当に何をしたかったんだ一体。

聖闘士星矢Ωの最大の失敗。

声優のキャスティングミスと商業展開の鈍さ。

ハッキリ言ってコレに尽きる。

まずキャスティング。

あのさー。次世代組にベテランの緑川さんとか使ってどうすんのと。

ここはイキのいい若手で固めないと駄目でしょ?

 

中川翔子はもちろんアウトオブ論!!ですよ。

 

それと商品展開があまりにもおそ松もといお粗末としか言えなかった。

本当に商売する氣あったんですか?いや本当に。

 

ワールドトリガーでやっと氣がついたようだけど

聖闘士星矢の時点でやっとけばもっと傷口浅かったんじゃないんですかね。

 

鉄血は別に半沢直樹でもよかったんだよ

まあ、スタッフ連中勘違いしたよね。

鉄血3クールあたりまでで

ファンに受けていた要素を

紐解いていくと

 

まんまヤクザ映画要素ではなく

元祖「日曜日のケジメ」である

半沢直樹的な要素だったと思う。

要は、池井戸潤的な世界観、

ルーズヴェルトゲームだったり

下町ロケットだったり半沢直樹だったり

したのを無理やり

自分がやりたかった山崎豊子的な世界観

例えば今更華麗なる一族とか

白い巨塔みたいな世界観にしても

そりゃ滑るに決まってるだろうということ。

なんつーか、作る人間が

900度見誤ったというべきだろう。

 

まあ、これは所詮ニュアンスなんで

深くツッコミされたところで知るかボケ

な話。

だいたいこんなんかで流してくれればそれでよし。

 

安倍横槍とかいう以前。

 

まあ、だいたいこの手の観客置いてけぼりの作家主義アニメが通用したのなんて

せいぜいネットがそんな発達してなかった時代までですよ。

 

 

サクラは健在

http://d.hatena.ne.jp/geasszero/touch/20170205/1486217288

 

実態は少し違うと思ってます。

奴らの目的は変わっておらず

 

サクラの連中をツイッターやら

フェイスブックやらmixiに移させただけ

に過ぎないというのが俺様の答え。

 

何たってブログと違いip取られないのが

大きい。

 

分裂騒ぎでプロ固定がmixiに移った事件あったでしょ?

 

あれ仕込み。

結局2chだけではやってけないの

分かってるからsnsに荒らしの軸足

移しただけ。

 

それらしきアカウントなんて見たり

絡んだりしたら分かるよ。

けものフレンズは意外だった。

https://www.google.co.jp/amp/nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1704/24/news068.html

 

大ヒットを受けてなのか

ゲームも復活してこれは舞台で展開

しかも中の人というのがまた。

 

おそらく紅白まで熱を冷まさない

措置なのかもしれない。

来年はAqoursが食い込んで来る可能性もあるだろうし。

 

しかし、動物園とかも息を吹き返してるの確かだもんな。

まあこれをきっかけに

本物の動物を見るのも

価値観広がってなかなかなもんですぜ。

いやさ、そういうのほんといいから。

http://g-matome.com/archives/post-33098.html

 

ガンダムエース

・バルバトスは鉄華団の象徴なので鉄華団が終わったということを完全に知らしめるために首を掲げさせた
・オルガは本当は団長を降りたかった
・マクギリスはバエルを手に入れたところで満足してあとは何も考えていなかった

 

いやーなんつーかこういうの見ると

ガッカリですよね。

 

なんでこう売れない方向売れない方向

行こうとするのかな作家主義者様ってのは。

 

こういうこというと一番ダメージ来るのはテレビ局なんだよね。

だって誰かが電話すっから。

仕方ないよね?こればっかはここしか

窓口ないわけで。

 

で、窓口の人犠牲になってキレキレで

制作担当に報告するわけ。

ごめんねmbsさんtbsさん、恨むなら

小川と長井と岡田を恨んでね。

なんだかんだいってバンドリ完走

まずありさ勧誘時のストーカーまがいが

まず良くなかったのと、

なんの変哲も無くキラキラ星6分エンドレスはまずかった。

ここで俺テコ入れ要求したんたよな。

んで、テコ入れが効くのは大体6週間ぐらいなので10話くらいから改善の成果が出だした模様。

閑話休題、ポピパ揃うのに8話はかかりすぎたね。

で、テコ入れが効く10話あたりから

ちゃんと話が回ってきた。

オーナーのキシリアさんが香澄に対して

「お前が一番できてない」とかいう

セリフ、テコ入れあったことのメタなんかなとか思ってしまったり。

声が出なくなってスランプになったところからの復活劇がなかなか良かった。

 

キャラでいうと、一番改善要求したのは

センターマンである香澄。

当初のまま行ってたらヴァルヴレイヴの

指南ショーコの二の舞と化していたと

思う。ゆえにここは特に厳しく要求したんじゃなかろうか。

ありさはこれでまあ問題はない、が

どこぞのチョロ松とかツッコミ眼鏡みたくどこかで行き過ぎて

ボケ化する要素が欲しいところ。

りみりんはこれでいいかも。

ただ、2期での立ち回りが問われる。

おたえはねえ、もっとやれという感じ。

おたえの天然は実はそれほど苦ではないというか、安定感があるのでこれでいい。

紗綾も一期で大イベントかましたので

りみりん同様2期での立ち回りが問われる。

ラブライブサンシャインでいうところの

果南の立ち位置にいるのは確か。

 

問題は演奏シーンですな。

特に最近目が肥えちゃったファン多いから今度は氣合い入れて欲しいところ。