鉄血第三期のモヤモヤに似ていた KUSHIDA VS BUSHI戦

先日 KUSHIDA対BUSHI戦を

新日本プロレスワールドで観戦いたしまして。

 

何というか、鉄血のオルフェンズの第三期に似た

モヤモヤを禁じ得なかったんですね。

 

遡るは大阪城ホールのKUSHIDAのベルト奪還からの

ウエーブを毒霧でBUSHIが阻止して挑戦表明するところから。

やるからにはそれなりのもの見せてくれるんだろうなと

思ったわけですよ。

 

で、ヒロムを介入させて泡を吹かせるとこまでしたうえで

毒霧使って、挙句MX使っても勝てないという。

 

もうね、完全に水を開けられたどころか

超えられない壁まで出来てしまったのかと。

スポーツ的に見ると一瞬の逆転劇ってギリのところなんだけど

プロレスの場合は違ってて、フィニッシャーを出してカウント2で

返される場合、相手がフィニッシャーを出してないとなると

後の試合展開を構築できない事を意味していて詰みと同じ。

それに今回KUSHIDAは掟破りを行使していない。

 

もうね、あそこまでしてこれかよと。

 

なんか鉄血のオルフェンズのバエル奪還からの流れを

全然構築できない上にファンの苦情を受けさらに正当化まで

しようとしている小川正和 長井龍雪 岡田麿里

鉄血のオルフェンズスタッフの醜態そのまんまというか。

 

BUSHIの今回の戦いぶりがまさにそれな感じ。

だから残念で仕方なかった。

 

鉄血のオルフェンズのスタッフ連中はまだ落ちて貰う必要があるけど

BUSHIはもう一皮剥けてもらわなければと思う。

さらなるフィニッシャーと広がりが課題でしょう。

 

 

ちょっと一線超えたな

www.youtube.com

 

まず参考に大阪城で行われた

内藤哲也棚橋弘至の煽りVを御覧ください。

www.youtube.com

 

棚橋のコメントに注目。

「ちょっと一線超えたな」

「プロレスの根本を分かってない。」

「ああいうこと(ベルト破壊)をやればやるほど小物感を

感じる」

 

主にここに注目。

 

そのまんま鉄血の主要スタッフの姿そのままでしょ。

 

最大の要因と中身の無さの原因はおそらく

「日曜5時のアニメ枠の消滅」

にあると見ています。

 

実はニュースになったとき、ものすごーく嫌な予感がしていました。

枠がなくなると知った製作陣はブレーキが壊れたかのごとく

ろくでもないことばかりしでかす事例なんてよく聞く話です。

 

枠なくなるんだから好きなことしてやれって感じなのだろう。

 

終盤おかしくなったときに再三MBSに抗議し、修正を求めてきた。

実はイオクの惨殺はわたしが提案したものだ。

そしてマクギリスの体たらくと鉄華団の体たらく、

ダインスレイブでつまんなくなっていることを彼らに伝えた。

 

もしそれ受けて、ギャラルホルン上げのための設定追加を各雑誌で

展開しているとしたらまさに

「ああいうことをするたびに小物感が増す」

という棚橋弘至のコメントそのままになる。

 

まさにやればやるほど小物感が増しているのだ鉄血製作陣は。

 

ベルト壊してここまで注目させたのは俺ですと

開き直る内藤哲也より質が悪い。

 

ハッキリ言おう。

もし仮にわたしのクレームを受けて醜い戯言を繰り返すのであれば

もはやアニメを作る資格などない。

足を洗えと。

 

棚橋が代々木で観客に怒った理由。

ツイッターではほぼ9割方プロレスのことばかりに

なってしまっていますが、どうやらこの事象に関してはツイでは

書ききれないと思いここに書きます。

 

ええと、今回代々木で内藤と棚橋が対峙し、

その際棚橋に対してかなりのブーイングがあり、その主に

「ハッキリ言えコノヤロー!!」

と言った件に関して。

 

以前書いていたシンフォギアGXにおける杉田の英雄的死に方への

賞賛の様子と内藤哲也およびロスインゴ信者の様子がよく似ていると

ブログに書いたわけでして。

akunohosomichi.hatenablog.com

 

これはグレートオノ氏の受け売りでしかないが

スターダストジーニアス時代の内藤に対してはこれでもかと

ブーイングを浴びせていた

超有名プロレスブロガーでもあるエヌヒトはじめとする一派が

東京の会場においてロスインゴ化した内藤の対戦相手に対して

真っ先にブーイングを浴びせ内藤が出てきた際大喝采を送り、

磁場を狂わせる現象を起こしているという内藤ファン事情を理解しなくては

この棚橋の怒りとライガーの「だからプロレスは舐められる」という

発言の意味を理解できないように思います。

 

おそらく鉢巻姿の赤シャツ集団がそれでしょうが

この手のフーリガンの類はプロレスに限らずどのジャンルにも存在します。

 

仮にLIJフーリガンとしましょう。

棚橋もライガーも、その他の選手も

何より内藤もその存在を以前から認識しないわけがなくて

ついにその中心部に対して棚橋が代々木で釘を刺したのがあの怒りだったと

思うのです。

 

なぜロスインゴ連中がてめーの要求をことごとくフイにされる

アングルに終始するのか?

 

おそらく新日本プロレス株式会社として、このフーリガン共を

放置してたら今後の新日のためにならないとの共通認識があるのではないかと

見えるのです。

 

解説席のライガーのコメント

「こんな行為が支持される、だからプロレスは舐められる」

おそれくこれが物語っているのではないでしょうか。

 

反体制的ヒールユニットは必要ですしロスインゴもいいキャラだとは思いますが

この事情を知るとどうもね。

もう少し考えてコメントよこしてね。

以前超有名なSNS

「もし新しく花は咲くアニメスターバージョンが作られるとして、今度はどんな作品が来るのか」という

旨の投稿をした時のお話。


返ってきたコメント。

まる子 クレしん サザエ

(これマジ)


しかもこの類を繰り返すばかり。


こちらとしても正直イラっとしてくる。


挙句は

鉄血 SEED 00

あのなあ、ガンダムはファーストが

あるからそっちが優先されることぐらい分かるだろ。と言うと


この際ガンダム全部


人の話聞けよてめえ。


となるよね?



あのなあ、現行で入っているのもは普通外して答えるのが常識だし

なんぼか考えてこれが来そうなんだけどなあとかそういやこれ入ってなかったからこれあるんじゃね?とか

を期待しているわけよ。


そこをいちいち説明しなきゃダメなのか?


なんと言うかこれは感覚的な事なんだけど、頭使ってないコメントって

分かるしその度イライラしてくるからマジお願いいたします。

で、松太郎クルクルは何をしたかったんだ赤津さんよお(怒

お次は問題の暴れん坊力士松太郎とトライブクルクルですね。

 

ぶっちゃけどの方面に商売したかったんだよ。

いや、深夜なら松太郎も行けたと思うよ。ユーリにはなれないまでも。

朝の枠だよ。日曜の朝なんだよ。

商材性ゼロじゃん。

ここでもベテラン頼りのキャスティングで華もなし。

俺ならヒロインに水樹奈々起用して主題歌を松平健とデュエットさせてたわ(笑)

その方が絶対話題になるもん(笑)

 

で、ワールドトリガー発表時の人気声優推しの慌てぶりだよ。

遅えんだよ氣づくの。

 

最終的に枠なくなるわけよね。

 

それにトライブクルクル

長く商売できそうなバトスピ潰してこれもダンスを題材とした

商材性まったくなしバンダイブチ切れ待ったなしのアニメ。

路線続かないと思ったよ。

で次はブレイブビーツで中途半端になって打ち切り。

その尻拭いでガンダムUCを放送するハメになるという。

その後のヘボットでようやく軌道修正出来て何よりなんだけどね。

 

ほんとこのころのテレ朝はおかしいとしか思えなかった。

本当に何をしたかったんだ一体。

聖闘士星矢Ωの最大の失敗。

声優のキャスティングミスと商業展開の鈍さ。

ハッキリ言ってコレに尽きる。

まずキャスティング。

あのさー。次世代組にベテランの緑川さんとか使ってどうすんのと。

ここはイキのいい若手で固めないと駄目でしょ?

 

中川翔子はもちろんアウトオブ論!!ですよ。

 

それと商品展開があまりにもおそ松もといお粗末としか言えなかった。

本当に商売する氣あったんですか?いや本当に。

 

ワールドトリガーでやっと氣がついたようだけど

聖闘士星矢の時点でやっとけばもっと傷口浅かったんじゃないんですかね。

 

鉄血は別に半沢直樹でもよかったんだよ

まあ、スタッフ連中勘違いしたよね。

鉄血3クールあたりまでで

ファンに受けていた要素を

紐解いていくと

 

まんまヤクザ映画要素ではなく

元祖「日曜日のケジメ」である

半沢直樹的な要素だったと思う。

要は、池井戸潤的な世界観、

ルーズヴェルトゲームだったり

下町ロケットだったり半沢直樹だったり

したのを無理やり

自分がやりたかった山崎豊子的な世界観

例えば今更華麗なる一族とか

白い巨塔みたいな世界観にしても

そりゃ滑るに決まってるだろうということ。

なんつーか、作る人間が

900度見誤ったというべきだろう。

 

まあ、これは所詮ニュアンスなんで

深くツッコミされたところで知るかボケ

な話。

だいたいこんなんかで流してくれればそれでよし。

 

安倍横槍とかいう以前。

 

まあ、だいたいこの手の観客置いてけぼりの作家主義アニメが通用したのなんて

せいぜいネットがそんな発達してなかった時代までですよ。