ちょっと一線超えたな

www.youtube.com

 

まず参考に大阪城で行われた

内藤哲也棚橋弘至の煽りVを御覧ください。

www.youtube.com

 

棚橋のコメントに注目。

「ちょっと一線超えたな」

「プロレスの根本を分かってない。」

「ああいうこと(ベルト破壊)をやればやるほど小物感を

感じる」

 

主にここに注目。

 

そのまんま鉄血の主要スタッフの姿そのままでしょ。

 

最大の要因と中身の無さの原因はおそらく

「日曜5時のアニメ枠の消滅」

にあると見ています。

 

実はニュースになったとき、ものすごーく嫌な予感がしていました。

枠がなくなると知った製作陣はブレーキが壊れたかのごとく

ろくでもないことばかりしでかす事例なんてよく聞く話です。

 

枠なくなるんだから好きなことしてやれって感じなのだろう。

 

終盤おかしくなったときに再三MBSに抗議し、修正を求めてきた。

実はイオクの惨殺はわたしが提案したものだ。

そしてマクギリスの体たらくと鉄華団の体たらく、

ダインスレイブでつまんなくなっていることを彼らに伝えた。

 

もしそれ受けて、ギャラルホルン上げのための設定追加を各雑誌で

展開しているとしたらまさに

「ああいうことをするたびに小物感が増す」

という棚橋弘至のコメントそのままになる。

 

まさにやればやるほど小物感が増しているのだ鉄血製作陣は。

 

ベルト壊してここまで注目させたのは俺ですと

開き直る内藤哲也より質が悪い。

 

ハッキリ言おう。

もし仮にわたしのクレームを受けて醜い戯言を繰り返すのであれば

もはやアニメを作る資格などない。

足を洗えと。