但馬屋食品のかなり危ない話

今年2月に廃業となった但馬屋食品について

そろそろ語ってもよかろうなので

解る範囲で話します。

 

そもそも事の発端は

関西管理職ユニオンを盾にした平尾大輔という

クソ工場長にこそある。

 

原因が残業過多とか抜かしていたが

そもそもこの原因を作ったのは

他でもない平尾大輔が持ち込んだ意味のない

実力主義成果主義(笑笑)なわけ。

それまでは残業したらしたなりに

ちゃんともらえたしきついけど見返りも

あったそれなりにいい会社だったわけ。

 

当然、できない奴に払うとはとか考える奴が

権力握って恐ろしいことになる予感はあったが。

 

その実力主義に乗っかったのが当時常務だった

2代目の中島耕作だったりすんだけど。

何故って?そりゃ払うもの削るためさ。

決まって甘い言葉吐くんだ。

「頑張った奴が得する」とかね?

嘘つけって思ったわ。

退職金を株で運用したとか怪しい事やってる

時点でかなりヤバイ状況だった。

 

その原因作ったのが平尾ってやつさ。

しかもだ、こいつ人が鍵閉めてんのに

ロッカー荒らししてんだぜ。

 

こいつのせいですよ。

年次昇給無くなったの。

 

奴がクビになったの、子飼いの国谷正の

車上荒らしをカメラが捉えて警察に

お縄になったのが原因なんだからな。

 

で、会社に残ろうとして蹴られたから

ユニオン使って会社ゴロやったんだよ。

 

関西ユニオンに書かれているような悲劇の

主人公じゃねえからあの野郎(笑)

 

但馬屋潰れる原因作ったの間違いなく野郎だから!!

 

あいつやめてからあれだけあった

虫クレームとかいろんなクレームが嘘のように

来なくなってて

なんだったんだと。会社潰しのための自作自演じゃねえだろうなおいとか考えたよ。

 

最後に、関西ユニオンのみなさん。

平尾大輔はあんたらが思っているような

かわいそうなにんげんではございません。

ロッカー荒しの常習犯であり、

残業過多は奴の所業を源としており、

いわば自業自得です。

何卒心に留めおいて頂きたい。